一軒家

住んでいる住宅の状態が気になった時は住宅診断をしてみましょう

境界線トラブルを回避

積み木

不動産を購入する時に活躍

東京で個人で土地や家などの不動産を購入する時、土地家屋調査士にお仕事を依頼しましょう。必ずあとで「頼んで良かった」と思える仕事をしてくれます。土地家屋調査士に依頼すると、登記簿に記載されている内容と実際の土地の状態が一致しているかどうか、確認して貰えます。実は、登記簿の表題部に書かれている内容と現在の土地の状態が合っていないケースは少なくありません。東京でもよく起こっている不動産トラブルですが、家が完成してから敷地境界のミスが発覚すると大変なことになります。特に気をつけたいのは、土地の境界線に関するトラブルです。東京は本当に土地が狭く高いので、隣の家の敷地と境界線が曖昧になることで揉めるパターンが目立ちます。調査や測量を行い、境界線を確定させることができるのは、土地家屋調査士のお仕事です。将来土地の境界線を巡って騒動になることがなくなることは、土地家屋調査士に依頼する最大のメリットです。もし土地や家屋を相続する時も、トラブルを防ぐために土地家屋調査士に依頼した方が安心です。東京のように土地代が高いエリアだと、ほんの少しの差でも大幅な価格差に繋がります。敷地を兄弟で半分に分ける、なんて時も、土地家屋調査士に依頼し、きちんと測量し厳密に分けた方が後々揉めずに済みます。また、不動産登記の表題部に書かれている情報によって、かかってくる税金の種類や金額も変わります。土地の使用目的などが違う場合、正しい情報に書き換える作業も土地家屋調査士に代行して貰えます。